×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。





       不動産の適正価格を教えます




本文へジャンプ
不動産の
適正価格を
知っていますか
イメージ



はじめまして、不動産コンサルタントの今野という者です

この度は、このHPをご覧頂きありがとうございます。

このHPで紹介するのは、

不動産の適正価格の判断方法です。

新聞チラシなどでマンションなどの販売価格などがででいますが、騙されてはいけません。

あれはあくまで、売りたい価格なのです。

つまり、この位の値段で売りたいな。

という、売り手の希望でしかないのです。

買い手としましては、

当然ですができるだけ安くで買いたいのですが

あれは売主の言い値で、物凄く割高な値段なのです。

 モノによっては普通に、数千万円程、割高な値段となっているのです。

 ところで、なぜここまで不動産が割高な値段になるか
貴方は分かりますか?

 まず仲介業者ですが、彼等は不動産の販売価格に対して
数%の値段でコミッションを受け取るので、
不動産の販売価格が高ければ高いほど儲かるのです。

 不動産を売る側も売値が高ければ高いほど良いですから、
売り手側で結束する訳です。

 では、不動産の買い手から見ればどうでしょう。

 とりあえず、事情は何も分からないので売り手の価格を
元にそこから幾らか値引きして満足するのです。

 ですが私達、専門家の意見から言えば。

 不動産の業界というのは、ぼったくりが常態化していて
どこぞの悪徳バーよりたちが悪い。

 というのが本音です。

 そもそも彼等は、マンションの新築時の販売金額から
法定の減価損脚費を元に値段を出しているのです。

 まあ、法的には妥当な金額といえばそうですが。

 その価格で買うのは、素人だけです。

 私達専門家は、妥当な値段というのを知っているので
その値段で売り手と交渉する訳です。

 当然ですが、売り手側の金額よりかなり低めの値段を提示
する事になります。

 売り手側としては納得は出来ないが、理解は出来る。

 そんな値段です。

 その結果、交渉が成功したり、失敗したり。

 不動産の成約率は千三つと言いまして。

 基本的に妥当な値段では買えない物なのです。

 だからと言って、法外な値段では買えません。

ですが、大体の不動産の売買では素人はその
法外な値段が当たり前だと思っているのです。

 そこで今回。

 私達が使っている不動産の妥当な値段の計算方法を
教えたいと思います。

その適正価格が分かれないので

買い手は、泣く泣く売主の言い値で買うはめになるのです。

そこで今回、売り手が納得する不動産の適正価格の値段の計算方法を教えたいと思います。

この方法は簡易的ですが、不動産投資信託、

所謂REATの不動産の買い付け手段に準じています。

つまり誰もが納得する方法なのです

高い値段で売ろうとする方々でも

論理的に納得させる方法です。

私の理論ではここでこの様な理屈でこの値段が適正価格だと思うのですが

この価格は高すぎませんか?

売り手の貴方としてはどのような根拠でこの値段を出したのですか?

と論理的に適正な価格で売買をしようと申し出ることが出来る方法です

不動産の売買は基本的に素人は損するように出来ています。

なぜなら、適正価格が分からないからです。

そこで今回

その妥当な不動産の価格の計算方法を今回なんと

 十万円で

 貴方に教えます。

 確かに高い買い物ですが。

将来的に数千万円から数百万円の無駄な借金を
背負い込む必要が無くなります。

つまり、不動産の妥当な値段を見積もれる方法を知る事が
出来るようになれば無駄な借金を減らせるのです。

 貴方がお金持ちで値段に気にしないというのであれば
これは必要ありません。

 長期ローンを組んで不動産を買うというのであれば、
買い手側として妥当な金額を知るべきでは有りませんか。

 ただ知らない。

 という理由で不動産で破産する方が多いのは事実です。

 まあ、あれです。

 私にお金を出してくれるのであれば、私は貴方が破産したり、
生活苦になるのを防いであげる。

 そういう取引です。

 ではよろしくお願いします。




 レポートの費用は9800円となります。

       ↓ ↓  購入   ↓ ↓



      ↑  ↑  クリック  ↑  ↑ 




 尚、このサイトは500万円で売りに出ています。
 購入希望の方はメールで連絡下さい。


 購入者の感想
東京都 A・Tさん

レポートの値段は高価でしたが、結局、マンションの購入代金を考えると
大体400万円の節約になりました。



大阪府 T・Sさん

新築マンションの購入を考えモデルルーム巡りをしていた時
このレポートを購入しました。
おかげで大損しないで済みました。



静岡県 H・Oさん

私はこのレポートの通り交渉しましたが、結果的に購入に至りませんでした。
売り手の方は自分の欲しい額ではないと満足しない方のようです。
この物件とは縁が無かったと諦めました。
現在、別の物件で交渉しています。



山形県 H・Tさん

不動産会社の人にレポートの条件で交渉したところ
売り手を説得して、当方の条件で購入出来ました。
結局、レポート代金は購入費用の減額で回収出来ました。



特定商取引に基づく表記
販売業者 D C M
運営・販売責任者 代表 今野 貴弘
所在地 宮城県仙台市宮城野区小田原2−1−33
連絡先 メールアドレス:lastgr★eed@outlo★ok.jp ★を削除してください。
お申し込み方法 Webサイト上のお申込フォーム(24時間受付)
商品代金 銀行振り込み・クレジットカード決済・コンビニ決済・Eマネー
不良品について 不良品の場合は返品・交換致します。お客様ご都合による返品・交換は原則としてお受けできません。
返品・交換 メディアの性質上、入金後の返金・キャンセルはできません。「思っていたものと内容が違った」「私にはできない」等の理由での返品はお受けできません。
販売条件 日本国内に限ります
使用許諾・著作権 ここで販売されているものは、すべて著作権法で保護されている著作物です。無断転載・引用などのすべては法律で禁じられています。もし、著作権を犯す行為が認められた場合、著作権法に基づき、損害賠償を請求いたします。また、ご購入時にご利用規約に同意いただいたものとみなします